カヴブログはポタガジェに移転しました

スポンサードリンク


2017年04月01日

HTC U Ultraを1ヶ月使用してみてわかったこと ー魅力的ではあるが欠点もいくつか見受けられるスマートフォン

IMG_nzsw8c.jpg

今回は1ヶ月前に購入した”HTC U Ultra”の、良い点悪い点含めたまとめレビューをします。


また、3月に新しく追加されたAI機能や、純正のイヤホンジャックアダプターにも触れていきます。


当ブログではまだ紹介しておりませんでしたが、先月HTC速報さんにて紹介レビューを書かせていただきました。買った当初に感じた事はそちらでまとめております。


良かったところ


大画面かつ美しい筐体デザイン

IMAG0113.jpg

これは購入要因でもありましたが、他の機種では見られない美しい背面・5.7インチサイズの大画面が使っていて非常に満足感を与えてくれます。


やはりいつみてもこの筐体デザインは魅力的ですね。


カメラ性能も向上

IMAG0046.jpg

まずはU Ultraで撮影した写真。


IMG_5nr7tn.jpg

次にHTC 10で撮影した写真。


U UltraはHTC 10と比較してもカメラ性能は向上しているようです。U Ultraは逆光下でも光の白飛びはほとんどせず、またフォーカスの合うスピード・安定感ともに優れているように感じます。


3D録音機能でより臨場感のある動画が撮影可能に

4つのマイクにより、音の位置が明確な動画を撮影できます。ライブやイベントに行った時にはU Ultraで撮影したくなります。


撮影した動画がありますのでこちらでご確認ください。


純正のイヤホンアダプターで通常のイヤホンが利用可能に

IMAG0248.jpg

U Ultraには3.5mmイヤホンジャックがないため純正イヤホンを使う必要がありますが、HTCのアクセサリー(別途購入必要)を利用することで自分の好きなイヤホンを使えるようになります。


私の場合、やはり手持ちのイヤホンの方が付属イヤホンよりも音質が良いので、このアダプターは必須アイテムになります。


AI機能

Screenshot_20170315-005550.png

3月頭に”HTC Sense Companion”というアプリがU Ultra・U Play向けに公開され、U UltraでこのアプリをインストールするとAI機能が楽しめます。


Screenshot_20170315-005706.png

通知方法はセカンドスクリーンまたは”バブルエッジ”のどちらか設定で選べます。バブルエッジは画面の右上に泡状のアイコンが表示されるような形の通知方法です。


”HTC Sense Companion”今のところの機能をまとめると以下のようなものになります。


・歩いた歩数と距離のおしらせ

・最新の気象情報

・近くのレストランの案内

・バッテリー充電の必要があるときのお知らせ

・電話性能の最適化

・使っていないアプリのお知らせ


Google Nowのような機能がずらりと並んでいます。


今のところ使っていないアプリのお知らせがたまに来る程度なのであまり役に立っていませんが、旅行の時など役立つ場面はありそうなので今後に期待しています。


ソフトバンクの3CC CAに対応

HTC U Ultraの対応バンドではドコモ網はB1,B3しか利用できませんが、ソフトバンク網はB1,B3,B8,B41が利用できるためエリアのほとんどをカバーできます。


またキャリアアグリゲーションの組み合わせに2CC CAのCA_1A-3A、CA_1A-8A、CA_3A-8Aのほか、3CC CAのCA_1A-3A-8Aが含まれており、下り最大262.5Mbpsの高速通信が可能です。


ソフトバンク網ではかなり快適な通信ができそうです。


良くないところ


バッテリー持ちが微妙

画面サイズは5.7インチのディスプレイ・サブディスプレイと比較的大きいですが、バッテリー容量は5.2インチのHTC 10と同様の3000mAh。実用レベルではありますがやはりバッテリー持ちは良いと言えません。


光漏れが気になる

IMAG0238.jpg

これは一番がっかりした点なのですが、写真の◯で囲んだ場所のみ光が漏れています。中途半端にそこだけ漏れているので使っていてめちゃくちゃ気になります。


あとから気づいたのですがセカンドディスプレイ上部も同様に漏れているみたいで、セカンドディスプレイのない部分がメイン画面で光漏れを起こすためにこのような感じで目立ってしまっているようです。


他のU Ultraでも同様の現象が起きているようなので個体の問題ではなさそうです。


正直高額な部類のハイエンドスマートフォンでこれはないなぁと思いますね。


イヤホン変換ケーブルでサードパーティのものは使えない

イヤホン変換ケーブルは現状では純正品を使うしかありません。iPhone 7同様イヤホンジャックのないU Ultraですが、Appleと違いサードパーティアイテムに恵まれないのがネックになります。


少なくとも付属品に変換アダプターをつけるなど最低限の配慮はして欲しかったですね。わざわざ不便にしているのも謎ですし、これではHTCのイヤホンジャック廃止の方針に納得がいきません。


まとめ


HTC U Ultraは楽しい機種ですが、良い点悪い点どちらも多いように感じました。1ヶ月使ってみて思ったことは、どの人にもおすすめできる機種ではないということですね。


もうすぐ噂されているHTCの新機種も登場するのでしょうか?U Ultraと比較してどう進化していくのか非常に楽しみにしています。
posted by Cav at 15:46 | Comment(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事
    カテゴリ
    タグクラウド