カヴブログはポタガジェに移転しました

スポンサードリンク


2016年10月26日

秋のヘッドホン祭 2016 試聴レポート@ 新製品イヤホン・ケーブル編 - Westone W80、DUNU DK-3001・アップグレード2.5mmバランスケーブルなど

10月22日・23日に中野サンプラザで行われた「秋のヘッドホン祭 2016」に2日とも参加してきましたので、気になった機種の試聴レポートを複数回に分けて投稿したいと思います。今回はイヤホン・ケーブル編という形でまとめていきます。


Westone W80



IMAG0175.jpg


Westoneの最新ユニバーサルモデルです。今までのようなコンパクトなデザインのまま8ドライバーを搭載したしたというのは技術面でも素晴らしさを感じます。

一聴して解像度の高さ・Westoneらしい厚みのあるサウンドの両立ができていることに驚かされました。

今までのフラグシップモデル"W60"は他のWシリーズとは違い、音場の広さ・高域の明瞭さから比較的爽やかな音の印象を受けます。しかし"W80"は他のWシリーズに近い音、特に私の所持しているW40に音のバランスは非常に似ていると感じました。高域×4、中域×2、低域×2という組み合わせですが、低域は比較的多めです。

"W40"に似てはいるものの、"W80"はより中域の解像度が増し、低域・高域ともにより明瞭な音となっていました。

テックウインド(Westone製品の国内販売代理店)のスタッフの方も「W40はWestone本来の音と言われる、昔からのサウンドを継承しているモデルだが、新しいW80も本来の音を上手く継承できているモデルかもしれない。」といった内容を話されていました。

今回のW80では、通常の純正ケーブルではなくWestone専用ALO Reference 8ケーブルが付属しています。違いはあるのでしょうか。それを確かめるべく途中でケーブルを純正のものに変えてもらいましたが、正直なところ僕の耳では純正ケーブルでも十分素晴らしい音でした。

国内価格が比較的高額な価格設定なだけあって付属のALOケーブルにあまり有り難みを感じませんが、プレミアムイヤホンとしてデザイン・音質ともに素晴らしい完成度であることは間違いなさそうです。

DUNU-TOPSOUND 新製品



IMAG0195.jpg


DK-3001

IMG_20161025_231300.jpg


DK-3001は春のヘッドホン祭のときから出展されていましたが、今回は遂に製品版の試聴ができました。(個人的な事情で実機の写真を上げられません・・・すみません・・・・)

筐体のデザインは銀色から既に発売済みの最新機種"DN-2002"と同じ黒色に変更されていました。構成は引き続きBAドライバー×3、ダイナミックドライバー×1。ハイブリットイヤホンですね。

高域が比較的多めですが、低域も必要十分な量出ていました。今までのDUNUイヤホンのなかでは圧倒的解像度を誇る機種ではないでしょうか?

ボーカルの出方も非常にくっきりとしていてかなり好みの音。春のヘッドホン祭で視聴したときよりもよりブラッシュアップされた音でした。

"DN-2002"ではリケーブルのMMCX端子が独自仕様でしたが、"DK-3001"は共通のMMCXリケーブルが使用できるそうです。非常に嬉しい変更点ですね。

もう一点今回の"DK-3001"でアピールポイントとされているのが、なんと付属ケーブルが2本。通常ケーブルとは別で2.5mmバランスケーブルも付属するそうです。最近はバランス端子のあるDAPも少なくないので非常に嬉しいですね。

発売は11月下旬を予定しているとのこと。価格は5万円後半が予想されます。

DN-2002 アップグレードケーブル


IMAG0196.jpg


"DN-2002"自体は春のヘッドホン祭のときに製品版を試聴していました。今回はDUNUのアップグレードケーブル版の試聴をさせていただきました。

こちらはBAドライバー×2、ダイナミックドライバー×2という構成のイヤホンです。DK-3001に比べ高域の主張はあまり強くありません。アップグレードケーブルにより非常に聴きやすいなめらかなサウンド、かつ聞こえる音の情報量も今までの"DN-2000"などのDUNU名機よりも多い印象でした。

しっかり聴いてみると確かにかなり深いところまで音は出ているのですが、ダイナミックドライバーが2基ついているとは思えないほど非常にバランスの良い低域。今までのDUNUとはちょっと違ったものを感じる"DN-2002"ですが、新しい名機になりそうな予感がします。

アップグレードケーブルのみの購入も可能ということで、なかなか好評で最初の生産が追いつかなかったようです。(初期で100本くらい受注があったようです・・・凄いですね。)見た目も綺麗に仕上がっていますし、価格もリーズナブルなのでリケーブルにはかなり良さそうですね。

アップグレード2.5mmバランスケーブル


先程紹介したDUNUのアップグレードケーブルの2.5mmバランスタイプになります。ケーブルの色は通常のアップグレードケーブルよりも少し白っぽいです。こちらは"DN-2002"とのセット販売などの予定はなく、単独での販売となるそうです。

IMAG0190.jpg

IMAG0193.jpg


発売前のものですが、特別に"DN-2002"で試聴させて頂きました。通常のアップグレートケーブルとは違った分離の良さを感じます。

バランス接続らしい若干音が硬くなったような感じもありましたが、個人的にはかなり気に入りました。発売は"DK-3001"と同じ11月下旬を予定しているとのこと。

価格は現行のアップグレードケーブルよりは1000〜2000円ほど高くなるとのことでしたが、2.5mmバランスリケーブルは高いものが多いので、1万5000円以内に収まるのであればなかなか良いケーブルですね。

まとめ



様々なイヤホンを視聴したなかでも特に気に入った機種を紹介しました。年々新しい高級イヤホンが登場するので目が離せないですね。ヘッドホン祭は2日とも充実した内容でした。









posted by Cav at 01:19 | Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事
    カテゴリ
    タグクラウド