カヴブログはポタガジェに移転しました

スポンサードリンク


2017年05月13日

FiiO X7にFW 3.3.0となるAndroid 5.1のメジャーアップデートが提供開始 ーリアルタイム歌詞表示機能などの新機能やアップデート方法を紹介

content_842.jpg

IMAG0021.jpg

5月10日にFiiOの公式フォーラムにて、FiiO X7の最新ファームウェアが公開されました。今回のファームウェアでは従来バージョンであるAndroid 4.4からAndroid 5.1にアップデートされ、またプレーヤーアプリの機能も多数追加となります。


今回は変更点、そしてアップデートの方法をこちらの記事で紹介します。


変更点


IMAG0042.jpg

システムアップデート

1.サードパーティ音楽アプリでのサンプリングが変更される問題の解決

2.apt-Xのサポート

3.グーグルアカウント設定の追加

4.SPDIF outのDoP/D2P切り替えスイッチの追加

5.内部ストレージ(アプリ保存可能領域)が1GBから2GBに変更

6.即座に(再起動なしで)AndroidモードとPureミュージックモードの切替が可能に

7.USB DACが遅れる問題の解決

8.スリープモードの時間が最大90分まで延長

9.Google Playアプリの安定性が改善


FiiOミュージックプレーヤーアップデート

1.新規曲のみのスキャン機能

2.名前順の並べ替えが改善(トラック番号より名前を優先)

3.アルバム下の番号による並べ替え機能が追加

4.プレイリストを追加順で並べ替え可能に

5.アルバム・ジャンル・歌手別再生機能の追加

6.音楽ジャンル別でアルバム選曲が可能に

7.ロック画面がアルバムアート・歌詞表示に対応

8.アルバムアート・歌詞の自動検索機能が追加

9.プレイリストがバックアップ可能に

10.最近追加した曲のプレイリストが追加

11.ViPER Effect機能の追加

12.FiiOミュージックアプリに新テーマが追加

13.フォルダメニュー閲覧時にワンタップでrootディレクトリに戻れるように変更

14.タイトル・ファイルの表示論理が改善

15.その他基本動作・細部の改善


これらの点がFW2.0から変更になります。FiiO X5 3rdの登場により、上位機種であるFiiO X7のバージョンが一歩出遅れる形となっていましたが、今回のアップデートでX5 3rd同様のAndroid5.1となり、殆どの機能が同等のものとなります。


IMAG0047.jpg

新テーマではアートワークのフル表示などにも対応しています。また、通知バーから簡単にモード切り替えができるため、前よりも使いやすくなると思います。


アップデート方法


まだFW2.0(Android4.4)バージョンを使っている方はアップグレードツールを利用してアップデートします。今回公式フォーラムでは全く言及されていませんが、Android5.1のBetaバージョンでアップグレードツールを利用したときには内部メモリが初期化されてしまいました。


あらかじめ本体メモリにあるファイルをPCにコピーしておくことをおすすめします。


既にAndroid5.1バージョンの方

既にアップグレードツールなどを使ってAndroid5.1のBetaバージョンを使っている方は、OTAアップデートでアップグレード可能です。


私の場合、OTAアップデートは自動で降ってきましたが、降ってきていない方は最新バージョンのファイルX7-FW3.3.0 firmware

をダウンロードし、本体メモリのrootディレクトリ(一番上のフォルダ)にファイルを置きます。


テクニカルサポート→ファームウェア→ローカルアップデート→internal_sd→ファイル名


でアップデートが開始されます。


通常バージョンをお使いの方

先程も案内した通り、以下のアップグレードツールを利用してアップデートする必要があります。



内部メモリが初期化される可能性大ですので予めバックアップを取っておきましょう。


手順は以下の動画の通りです。



英語が苦手な方は大雑把に書きますので頑張ってください。上の動画を見てうまくいかなかった方も確認で見てもらえると良いかもしれません。


1.ダウンロードしたアップグレードツール(zipファイル)を解凍

2.Driveinstall.exeを実行・インストール

3.Upgradetool.exeを右クリックして管理者実行する

4.X7本体の電源を切り、ボリュームボタンの+を押しながらPCとUSBで接続する

5.アップグレードツールの”Upgrade Now”が光るのでクリック


以上がアップグレードの手順です。


IMG_20170513_155019.jpg

本体ではこのような表示になるはずです。アップグレードが完了すると通常の画面で起動します。



まとめ


FW2.0が公開されてから約1年が経過しました。かなり時間は経ってしまいましたが、今回のアップデートで様々な問題視されていた部分が改善され、機能・操作性もかなり向上しています。


昨年の10月あたりからほぼ毎週のようにBetaバージョンとして更新され続けたものなので、FiiOの努力が見えるFW3.3.0となっています。発売から1年と半年以上経ち、FiiO X5 3rdなどのハイスペックな最新機種も登場しましたが、まだまだやる気のある機種だという事が今回のアップデートを通して感じられます。


以上で今回の紹介は終わりです。細かい変更点についてはまた別の記事で紹介する予定です。



posted by Cav at 16:30 | Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事
    カテゴリ
    タグクラウド