カヴブログはポタガジェに移転しました

スポンサードリンク


2017年02月26日

Aliexpressで激安だったMMCX対応のBluetoothケーブルを購入してみた

IMAG0192.jpg

音質劣化を気にしていたため個人的にはBluetoothケーブルにあまり興味がなかったのですが、最近購入した”HTC U Ultra”はイヤホンジャック非搭載。「U Ultraでも自分のイヤホンを使いたい!」ということでこちらを購入しました。


MMCX対応のBluetoothケーブルは、私が愛用しているWestoneからも純正品が販売されていますがお値段は約2万円。


aptX対応など音質面では期待して購入できるのですが、スマートフォン利用を目的としていた私には少しハードルが高すぎます。


他にもAmazonでMMCX対応のBluetoothケーブルは売られていますが、安くても10,000円ほどしてしまうので今回輸入代行サイト「Aliexpress」で1,400円であった激安Bluetoothケーブルを購入してみました。


Screenshot_20170226-152509.png

商品は購入してから約1週間で到着。パッケージなどは特にありませんでしたが、エアパッキンで丁寧に包装されていました。


IMAG0045.jpg

中身はこのような感じ。Bluetoothケーブルの他にmicroBの充電ケーブル、イヤホンを耳掛け式にするものが付属しています。


操作方法

IMAG0193.jpg


特に取扱い説明書のような物もないので、操作方法などは最初全く解りませんでした。ですがある程度使ってみれば必然的に解るものだと思います。


充電は通常のAndroidスマートフォンと同じ方式なので既に使っている充電ケーブルを利用しました。充電器に挿すと赤いランプが点灯し、約1時間で充電完了の青ランプに。


IMAG0201.jpg

真ん中の電話ボタンを長押しして電源のオン・オフ。5秒くらい長押しすることでペアリングモードに切り替えできます。


マイナス・プラスボタンで巻き送り・巻き戻し。長押しでケーブル側の音量が調節できるようです。


こちらのケーブルはマイク付きなので通話にも利用できるようです。バッテリー持ちも良好なので一度の充電で2、3日は持つと思います。


音質について

IMAG0187.jpg

最初試聴したときはケーブル側のデフォルト音量が物凄く大きく、少々ノイズ・音割れが生じていました(本体側の音量調節方法も最初はわからず)。


そのため品質も値段相応かな?と最初は思ってしまいましたが、ケーブル側の音量を下げてからは、音割れが解消されホワイトノイズも手持ちのUM Pro50ではほとんどわかりません。


低域・高域ともによく出ていますし、高級イヤホンの音質をこちらのケーブルでも楽しめるかなと思います。1,400円でこのクオリティーであればかなり満足です。


感度の高いW80ではやはり小さなホワイトノイズを拾ってしまいますが、それでもあまり気にしなければ使えるレベルです。


まとめ

激安ケーブルなので半分ギャンブルのつもりで購入しましたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。これであればスマホ用途だけではなく、純粋にFiiO X7で音楽を聴きたいときにも使えそうです。


いくらクオリティーが高いとはいえBluetoothなので音質劣化は免れませんが、そこそこの音質で良ければこのお手頃なケーブルでも十分満足できるかと思います。


Mmcx交換ワイヤレスbluetoothケーブル用shure se215 se315 se425 se535イヤホン、着脱式ケーブル https://ja.aliexpress.com/item/MMCX-Replacement-Wireless-Bluetooth-Cable-For-Shure-SE215-SE315-SE425-SE535-Earphones-Detachable-Cable-With-Microphone/32765362900.html

posted by Cav at 14:46 | Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事
    カテゴリ
    タグクラウド