カヴブログはポタガジェに移転しました

スポンサードリンク


2015年12月20日

年明け間近!改めて聴いておきたい2015年の洋楽10曲!!

もうすぐ年明けですね・・・
今年一年さまざまな出来事があったと思います。
ぜひ「こんな曲あったなー」という思い出とともに一年間を振り返ってみてください。
UKチャート、USチャートともにあまり変動がなかった2015年ですがヒット曲は多数ありました。
今回はその中でも洋楽好きの私が特に印象に残っている10曲を厳選してみました!

私の独断と偏見で選んでいる曲なので知らない曲もあるかと思いますが、良い曲ばかりなのでぜひこの機会に聴いて欲しいです。

Avicii (アヴィーチー) - Waiting For Love

来日公演まさかの三度目の中止でも話題になったお騒がせAviciiですが、今年は自身二度目のアルバム「Stories」をリリースし世界中で大ヒット。EDMアーティストの中でも大活躍でした。そんなアルバム「Stories」の中にも入っている「Waiting For Love」。MVもありますが今回は歌詞とともに流れるアニメーションがなかなかの感動ものなので敢えて Lyric Video を選びました。

この曲を知ったのはこの動画を見てという方が多いのではないでしょうか?実はもっと前にコラボしているMartin Garrixが動画上げてたりします(笑)なんとマーティン、マイアミで今年の初めに行われた「UMF 2015」でこの曲やってます。気になる方は是非見てください(24分20秒あたり) 私はMartin Garrix も好きなのでアップロードされた日に見ていましたが、Waiting For Love を聴いて「なんだこの良い曲は!!」 となったのを覚えています。なのでますますこのLylic Video を見て感動しました(笑)私の中で今年最も思い入れのある曲のひとつです。

Justin Bieber - What Do You Mean

この曲は国内洋楽ファンの中で最も人気のある曲ではないでしょうか(笑)わたしもこの曲を聴いて「これはやばい!」と思いました。若干ダンスミュージックの要素が入っていて、なおかつ上手くジャスティンの声が溶け込んでいるのが素晴らしいです。歌詞もなかなか良いですね!まさにジャスティン・ビーバー復活にふさわしい曲だったのではないかと思います。つい最近のことですがMステで歌ってくれましたね。私は家にいたのですが、家族が違う番組見ていたのでひとりでフルセグ待機してました。

Years & Years - Desire

国内では若干マイナーな部類に入るのかな?という感じではありますが、Years & Years2016年2月にジャパンツアーが決定しています!!ロンドン出身のエレクトロニクスアーティストで今年の春にUKで滅茶苦茶ヒットしました。独特の雰囲気が醸し出されているので、どこか不思議な世界に迷い込んだような感覚にも襲われます。EDM好きでない洋楽ファンの方もぜひ Years & Years 聴いてみてください!他にもYoutubeに多数動画が公開されてます。デビューアルバム「COMMUNION」めっちゃ良いです。

WALK THE MOON - Shut Up and Dance

US、UKチャートともにこの曲が暴れました。アメリカ、オハイオ州出身の四人組バンド「WALK THE MOON」のデビュー2作目のアルバムTaking Is Hard」の先行公開となった曲で、80年代を匂わせる雰囲気が特徴的です。リリース自体は2014年の11月ですが、2015年初めに爆発的ヒットしました。歌詞もとてもいい曲ですのでぜひ見ていただきたいです。私自身ロック系はあまり好きでなかったりするのですが、そんな私でもこの曲の虜になりました。

One Direction - Drag Me Down

2015年はこのグループを取り上げないわけにはいかないですね(笑)なんとまさかのゼイン、3月25日にグループ脱退・・・まあでもしかし1Dくらい世界中で人気が出てしまうとまともな生活送れないですよね。ゼイン脱退も仕方のない事かと思います。今年の1Dの曲といえば「Drag Me Down」一曲ですね!ワン・ダイレクションの曲はとてもメロディーが耳に残る曲が多いですし、この曲もとてもいい曲だと思います。11月にはアルバム「Made In The A.M.」もリリースされました。まだまだ1Dは健在ですね。

Zedd - Beautiful Now ft. Jon Bellio

年明け早々幕張・大阪で公演が決まっているZeddからこの曲を選ばせて頂きました。EDMのなかでもZeddはZeddらしい雰囲気のEDMを書くので好きな方多いのではないでしょうか?今年は自身三度目のアルバム「True Colors」をリリース。一番の目玉は「I Want You To Know」ですが、この曲もアルバムに収録されています。EDM系アーティストとして初めて「True Colors」のハイレゾアルバムをリリースしました。オーディオ好きの私は歓喜(笑)聴いててとても心地が良いので再生機器ある方はぜひ購入してみてください。

Wiz Khalifa - See You Again

 

この曲も今年を振り返る上で欠かせないですね。ラップ/ヒップホップ楽曲全米一位最長記録を達成しました。最初のピアノの入り、めっちゃ好きです!そして歌詞が物凄く良いですね。

R. City - Locked Away ft. Adam Levine


マルーン5のヴォーカルでおなじみのアダム・レヴィーンが歌っています。UKチャート・USチャートともに上位にランクインしました。これもまた歌詞が物凄く良いです。和訳見てみてください。読んだら一瞬でこの曲の虜になると思います。

Calvin Harris & Disciples - How Deep Is Your Love

今年もカルヴィン・ハリスがUKチャートの上位に乗り込んできました。世界一売れている大物DJカルヴィン・ハリス。EDMは近年個性を出すのが非常に難しくなってきているわけですが、やはりカルヴィン・ハリスは強いです。彼にしか作れないEDMがこの曲にもありますね。彼のMVのストーリーは深いものがあるので目が釘付けになっちゃいます。今現在テイラー・スウィフトとラブラブなようですが果たしてこれからどうなるのでしょうか?「テイラー・スウィフトのEDMとかマジかよ・・・」って気持ちでいっぱいです。

Ellie Goulding - Love Me Like You Do

イギリスのシンガーソングライター、エリー・ゴールディングといえば「Lights」をイメージする方が多いのではないでしょうか?そんなエリー・ゴールディング、今年はこの曲でヒットしました。映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の主題歌になっているので、映画を見た方は良く知っていると思います。幸せそうな雰囲気が曲からよく伝わってきますね。

最後に
個人的に今年は元々有名なアーティストの活躍が少なかったな?という印象でした。なので日本ではあまりなじみのないアーティストがチャート上位を占めることがまちまち・・・「もっと洋楽について知らなきゃ駄目だな」と思いました。イギリス洋楽強めの10曲となってしまいましたがぜひ全部聴いてください(笑)一回途中まで書いた記事全部飛んで萎えたので、若干中身が薄くなってしまいました・・・最後まで読んでくださった方ありがとうございます。





posted by Cav at 16:42 | Comment(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気記事
    カテゴリ
    タグクラウド
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。